はじめての夜行バス!どのバスに乗ろうかな?

はじめての夜行バス選びは慎重に


夜行バスは街を走る路線バスとは違って、当たり前のように半日前後という長時間の走行をします。そして路線バスに乗る時間というのは1時間以内が相場のため、あまり車酔いする人はいません。また急にトイレに行きたくなった場合は、街を走る路線バスならバス停が短いスパンであるので、トイレの心配も特に必要ありません。しかし、半日くらい夜行バスに乗る場合、夜(0時前)・深夜・朝と3つの時間をバスで過ごすことになります。そのため、例えば朝起きたての時間帯はあまり体調がよくない傾向の人が初めて夜行バスに乗った場合、人生の中でバス酔いしたことが一度もなかったとしても朝になって酔ってしまうような可能性もあります。そして、半日乗っていると高い確率でどこかのタイミングでトイレに行きたくなるものです。そのため、はじめて乗る場合は安易に安さだけで選ばず、十分な設備が整っているバスを慎重に選ぶ姿勢が大事です。

初めて乗る夜行バスは、どんなタイプが良いか


では、はじめて乗る夜行バスはどんなタイプが良いかというと、まずトイレ付きバスかチェックすることが重要です。また、誰かに車酔いで苦しむ姿やエチケット袋に嘔吐する姿を見られたくない場合は、前後・左右を仕切るカーテン付きバスの利用がおすすめです。その他、同じルート内で早朝に到着するバスと遅めに到着するバスがあったとします。その際は、少し酔った状態や疲れた状態で気温が低い早朝にバスを降りた場合、現地で風邪をひいて楽しい旅行が台無しになってしまう可能性もあります。そのため、特に到着する場所が寒冷地の場合は出来る限り遅い時間帯に到着するバスを選ぶほうが無難です。その他、女性が4列シートのバスに乗る際は女性専用席があるバスや男性と隣りにならないように出来る限り配慮してくれるバスもあるので、そういったバスかどうかのチェック大事です。